私の考える登山の魅力

私の考える登山の魅力

山ガールといった流行語をたまに耳にすることがありますが、近年そうした素人っぽい女性の間でも登山がブームになっているようです。その登山ともなると斜面を登っていくことにもなるので、頂上というゴールに達するまでには大変な苦労があるでしょうね。

しかしながら苦労を乗り越えて無事に頂上に辿り着いた際には、高い所からの見晴らしの良い景色や自然の雄大な姿を眺めていると、頂上に辿り着いたという達成感との相乗効果によって、日頃のストレスが解消されて明日への活力が湧いてくるのではないかと思います。ちょうどマラソンランナーがマラソンを通して自己の限界に挑んだ末に、無事にゴールに到達した際に湧き起る達成感と同じような心境なのではないかと思います。

ただし登山の場合には、そうした精神的な達成感と同時に見晴らしの良い景色を満喫することが出来ます。そう言う私の場合、小学校時代には担任の先生に連れられて近くの山へ弁当を持って遠足に行ったり、中学校や高校の時には数キロのマラソンを経験した思い出くらいしかありません。ちなみに私のアウトドアーの趣味としては、毎年夏場のシーズンにもなるとせっせと海釣りに通っています。

この海釣りにおいても、登山と良く似た心境になるように思います。とりわけ大海原を眺めながら、海釣りをしていると日頃のストレスが一遍に解消されます。おまけに運が良ければ、魚のおみやげも付いてきます。その魚についても、自慢話にもなってしまうのですが、黒鯛と言われる海釣りにおいてはかなり難易度の高い魚が私の本命魚なのです。それは丁度難易度の高いヒマラヤ登山に挑戦する方と、相通ずるものがあるのかもしれませんね。